全国338万人の公務員のためのオンラインプラットフォーム

地域の課題を解決し、住民の笑顔を作ること。

それが、私たち公務員の仕事です。

そんな仕事に向き合っている人が、全国に338万人います。

一人ひとりができることや、積み重ねてきた経験は些細なものかもしれません。

ですが、公務員が日々取り組む課題の多くは、全国共通の課題です。

あなたにとって些細なことは、他の地域で同じ課題に取り組む誰かにとっては特別なことかもしれません。

一人ひとりの小さな工夫が、1788の自治体や国で働く、338万人の公務員にシェアされたら?それぞれが困っていることに、小さな知恵を借りることができたら?

それだけで、あなたの地域は、元気になるかもしれない。

あなたの経験は他の誰かの力になるし、他の誰かの経験はあなたの地域の力になります。

小さな経験をシェアして、大きな価値を生み出すために。

全国の公務員の仲間と、あなたの経験をシェアしませんか?

あなたの経験が

​地域の力になる

Future Events

​次回のイベント

毎週金曜

21:00-22:00

初めましての方へのオンライン市役所説明会

隔週土曜

21:00-22:00

「新型コロナウイルスワクチン接種体制の確保」に関する勉強会

お​申し込みはこちら

数字でわかる

オンライン市役所

オンライン市役所は、全国の公務員で運営する、公務員限定のオンラインプラットフォームです。

1,000を超える自治体や国から、4,000名以上の地方公務員・国家公務員が集まっています。

About

オンライン市役所ってなに?

月に300人を超えるペースで増えており、様々な地域・職種・興味の人と出会うことができます。

メンバー数

5000

全国の約半数の自治体・省庁の人が参加しています。

​​参加中の自治体一覧はこちら ↗︎

参加している自治体・省庁数

1100

共通の関心や課題感を持つコミュニティ内のグループを「課」と呼んでいます。

課の数

50

一人ひとりが持つ経験や課題感を気軽にシェアするためには、顔が見える関係性をつくることが大切です。

肩書や所属でなく、個人でつながるために、仕事はもちろん、趣味や関心事など、それぞれの「好き」や「チャレンジ」が見えるように活動しています。活用するオンラインツールは、内容によってzoomやFacebook、メッセンジャーなど様々です。

Activity

主な活動

1

全国共通の課題に横軸を通す

イベントや勉強会の開催

公務員が取り組む課題の多くは、特定の地域で固有のものではなく、全国共通の課題です。同じ課題に向き合う各担当者同士がつながり、事例を共有したり、解決策を一緒に考えるためのイベントや勉強会を開催しています。

(例)「新型コロナウイルスワクチン接種体制の確保」に関する勉強会

全自治体共通の課題であるワクチン接種に関する業務について、毎週土曜に「情報交換会」を開催し、計40回以上、延べ7000名以上・550自治体以上の方々にご参加いただいております。参加者のみなさんからのニーズを踏まえたテーマを取り上げ、会の終了後にはFAQ資料の配布も行っています。

日替わりパーソナリティによる

限定オンライン配信

オンライン市役所への参加方法は、課題や興味、ライフスタイルなどによって人それぞれです。リアルタイムで交流する時間の確保が難しい人のために、Facebookグループ内限定で毎日オンライン配信を行っています。リアルタイムでコメントすることも、アーカイブ動画を視聴することもできます。配信のパーソナリティ・ゲストのほとんどが、オンライン市役所に参加する有志の公務員です。全国の公務員の活動や思いを知る機会にもなっています。

2

3

テーマごとに掘り下げる

「課」での活動

行政組織をモチーフとして、共通の関心や課題感を持つグループを「課」と呼んでいます。職場の規模によっては、同じ職場に自分と同じ仕事を担当する人がいないかもしれません。しかし、視線を横に広げてみると、同じ仕事をする人が全国にはたくさんいます。職場での議論では出てこないようなナレッジや気づきをシェアするための活動です。

Member's Voice

メンバーの声

変革を与えてくれた「つながり」

「自分には秀でた能力がない」、「自分は何もできない」
1年程前の私はこんなことを考えては打ちひしがれる日々を過ごしていました。そんな自分に変わるきっかけを与えてくれたのが「オンライン市役所」です...

富山市企画管理部企画調整課

Masanori Yashiki

屋敷昌範さん

オンライン市役所と出会って

新型コロナウイルスに振り回され続けた令和2年度。
でもいいこともちゃんとあった。オンライン市役所に出会えた。新たな学びの場を得られたし、Zoomミーティングにだって慣れたし、自らがスピーカーになってみたし、旅に行けないもどかしさを忘れさ...

和歌山市健康局健康推進部長

Michi Ueno

上野 美知さん

「未来の公務員像」はここに在る

2021年1月、ふと検索で引っかかった「オンライン市役所」。全国から2000人以上もの公務員が参加していることに興味を惹かれ、見つけたその日に入庁しました。まず驚いたのはメンバーのアクティブさ。例えば防災対策課では、日本のどこかで大きな地震があるとすぐ...

文部科学省初等中等教育局初等中等教育企画課

Haruna Yumioka

弓岡 美菜さん

1

Googleフォームに登録

「オンライン市役所に参加する」ボタンを押すと、Googleフォームが開きます。簡単なアンケートにご回答ください。

2

Facebookグループに参加

アンケート確認メールに記載してある「オンライン市役所Facebookグループ」に参加申請をお願いします。アンケートの回答を確認でき次第承認させていただき、「都道府県メッセンジャーグループ」「村Facebookグループ」「入庁同期メッセンジャーグループ」に招待いたします。

3

興味のある活動を探してみる

毎週金曜日の説明会や、様々なテーマで放送しているオンライン配信、関心のある課への参加など、それぞれのスタイルに合わせてご参加ください。不明点は、お気軽にご相談いただけます。

How To Join

参加の仕方

FAQ

よくあるご質問

​そのほかの質問がある場合は、

Facebookページからもご質問いただけます。

無料でご参加いただけます。

A

参加料はかかりますか?

Q

顔の見える関係を大事にしながら運営しておりますので、個人アカウントでのご参加をお願いします。

A

組織や部署のFacebookアカウントを使用して参加できますか?

Q

Facebookグループに参加していただく運営方法となっておりますので、Facebookアカウントが必要になります。

A

Facebookアカウントがないと参加は出来ないのでしょうか?

Q

ZoomはURLから簡単に参加することができます(スマホからご参加の方はアプリのダウンロードが必要になります)。

オンライン市役所登録後、説明会(Zoomで毎週金曜日開催)がございますので、Zoomの使い方についてもご質問いただけましたら使用方法をご説明いたします。

A

Zoomの使い方がわからないのですが、参加しても大丈夫ですか?

Q

国家公務員、地方公務員問わず、一般職の現役公務員の方ならどなたでも参加することができます。民間企業へ出向中の方や、育児休業、産前・産後休業、介護休業中の方もご参加いただけます。

A

公務員であれば誰でも参加できますか?

Q

各課の一覧はこちらをご覧ください。なお、毎週金曜日にオンライン市役所の説明会を開催しておりますので、ご関心のある分野からいくつかの課をご紹介させていただきます。第3金曜日には「大説明会」を開催しており、この大説明会には各課から課の紹介をしてもらい、その後個別にお話を聞くことも出来ますので、ぜひご参加ください。

A

どうやって課を探せば良いですか?

Q

課の活動内容はさまざまです。Zoomで毎月定例会を行うところもあれば、課のFacebookページの投稿やメッセンジャーグループで情報交換を行うところもあります。研修会メインの課もあれば、交流会メインの課もあります。課によってやり方は異なるので、ぜひ一度お気軽に参加してみてください。こちらについても説明会でご紹介させていただきますので、ぜひご参加ください。

A

課ではどのような活動をしていますか?

Q

Contact

お問い合わせ

Facebookページからもご連絡いただけます。

お問い合わせありがとうございます!

担当が確認次第、ご連絡いたします。

課の紹介

課は、大きく分類すると「仕事直結型」「共通スキル育成型」「趣味・サークル型」の3タイプに分けられます。

仕事直結型

仕事に関する課題や事例、ノウハウを気軽に共有することができます。異動して新たな業務に就いた人に向けて、業務内容に関する基礎的な研修を行っている課もあります。

「みんなの財政課」「コロナ対策本部」「債権回収対策課」「法規課」など

共通スキル育成型

仕事で活用できる様々なスキルを磨くことができます。基礎的なレクチャーを受けたうえで、練習・実践できる場もあり、初心者の方から実践者まで気軽に参加できます。

「ライティング課」「図解・グラレコ課」「動画課」など

趣味・サークル型

趣味や興味・関心、ライフスタイルに関する集まりです。共通の「好き」を持つ人同士で集まることで、仕事にも活きるような信頼できる仲間を作ることができます。

「図書室」「音楽サークル」「子育てサロン」など